【小南自転車製作所】
〜メイドイン東大阪を目指します〜
epinard オーダーロードバイク
IMG_7423 納車に向けて最終仕上げを残すのみになりました。

IMG_7424 今回は塗装の仕上がったフレームの下準備、

IMG_7425 そしてお預かりしたデュラエース7800シリーズパーツの分解整備を行い、
IMG_7426 使用可能な状態まで再生しました。

IMG_7428 今回作業して感じた事は、久しぶりに一台の自転車を組み上げた事を実感しています。

現在、主流のカーボンフレームやアルミフレームのロードレーサーは、マニュアルの指示通りに組み立てる事で経験の浅いショップのスタッフでもアマチュアユーザーの方でも組み立てる事が可能です。

今回組み上げたニッケルクロームパイプのフレームは 豊富な知識と長い経験を必要とします。
フレームは溶接作業を終えた後、熱処理を施します。
そして塗装を終えた後、こちらでフレームの最終仕上げを行います。

IMG_7429 主な作業としては
○ヘッドパイプを専用カッターでの切削作業
○フレームエンドの仕上げ作業
○ハンガーパイプのネジ切り作業

IMG_7430 最後にシートパイプの内径を100分の5㎜程削りました。今回はかなりフレームの下準備に時間をかけました。まるでチタニウムのフレームを削っているようでしたので。

作業して感じた事は、まるで30年ぶりにロードレーサーを組み上げているような感覚です。

本来、ロードレーサーの組み立ては経験豊富なメカニックの仕事ですし、機械加工を経験していないメカニックには難しいと思います。
(以前K 製作所で旋盤、フライス盤を使って自転車部品を加工していました)