当社のこだわり

◆精度へのこだわり

2007031911320001

当社で販売するロードレーサー、クロスバイク、MTBはチューンナップした上でお渡ししています。
すべてのパーツの性能を100%引き出しながら、耐久性の向上を目指しています。
通常組み立てによる販売もお受けしておりますが、納車後のチューンナップには
  ロードレーサー ¥30,000-
  MTB     ¥25,000-
  クロスバイク  ¥20,000-
の作業代がかかります。他店で購入された自転車もお気軽に御相談下さい。
ヨーロッパのフレームの場合、ヨーロッパ各国で販売されるものと我が国など所謂ファー・イーストと呼ばれる国へ輸出されるものとは格段の差があります。自転車レースの盛んな国へは精度の良いものを提供し、我が国のような競輪は別としてロードレースの殆ど行われていない地域にはそれほど精度の良いものは輸出しないのです。実際多くのインポーターは輸入する際にノー・クレーム、ノー・リターンの覚え書きにサインをさせられています。
当店の場合、エンド幅が規定より狭いものは原則全て返品、もちろん広すぎるものも受け入れ検査で全て除外します。エンドの平行が出ていないものはクロモリを除き原則返品。
アラインメントについても同様の細かい規定内に収まるものしか販売しません。
またハンガー幅も念入りにチェックした上でハンガー・タップの立て直し、ハンガー端面の平行度チェック、ヘッド部も同様にヘッド小物を外した上で内径のチェック、平行度のチェックを行います。
フレーム販売のみならず、すべての完成車はこうして一旦分解した上でフレームのチェックを行い、各部品の組付けを再開致します。従って当店で販売する完成車は即レースに出ても何ら問題ありません。

◆ホィールにこだわる

オリジナルスポークを造るほどこだわりの組み立て
2009年モデルにこだわるのはロルフの時代からのペア・スポーク。フロント、リアともスポーク本数はたったの16本でしかも扁平のエアロタイプ。
ハブは前後ともDT Swiss 製で安心です。
リムのハイトは90ミリと高いですが、この位あった方がエアロ効果は高まります。
また可能な限り当店で販売する完成車にはボントレガーのこのペア・スポークタイプのホイールを組み付けています。

◆組み付けにこだわる

daikoshi12204

まずいくら信頼性の高いパーツと云えども動作にバラツキがあるものなのです。特にトラブルの多いのがデュアルコントロールレバーなどのシフター系。
当店の場合、動きにムラがあるパーツは原則排除、メーカーに交換して貰ったあと再度組み付けさせて頂きます。そのため納期についてはお時間を頂戴しております。もちろん展示車両はすべて即納体制が整っています。お客様のご要望によりブレーキケーブルの組み付け(左右どちらも可能)、バーテープの色もお好みで変更可能です。ハンガー部のグリスアップはもちろんのこと、前後ハブのグリス充填まで抜かりありません。また錆びやすいボルト類などは防錆措置を施し、メッキの薄そうなボルトは信頼出来るものへと交換しています。
ケーブル・ルーティングは実際にハンドルを操作することを前提に無理のない長さに調整し、フレームと接触する部分にはテーピングを施します。
お客様の手の大きさに合わせてブレーキレバーの位置合わせ、また開きの調整。また肩幅の狭いお客様にはご希望によりハンドル幅の変更も承っております(有料の場合もあり)


◆組み付けの流れ